レーシックとは?・身体の中からキレイになりまっしょ♪

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 -------- by ラブ Top▲

レーシックとは?


近視手術レーシックは、角膜表面を薄く削ってフラップ(フタ)を形成。 そこから角膜実質にレーザーを照射することで屈折率を変え、 光が正常に焦点を結ぶように調節する「痛みのないレーザー治療」です。

レーシック手術の過程は…



【レーシック手術の過程】

・まず、点眼麻酔をします。
・麻酔が効いたところでマイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を薄く削り、フラップ(ふた状のもの)を作ってめくります。
・そこにエキシマレーザーを照射し、屈折率を変えて光が正常に焦点を結ぶように調整しまう。
・その後フラップを元の位置に戻します。

角膜中央部が薄くなるため角膜の曲率が下がり、その結果近視が矯正されるということ。分かりやすく言うと凹レンズです。
また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能です。
スポンサーサイト





レーシック・コンタクトレンズ 2007-01-25 by ラブ Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。