受診からアフターケアまでの流れ(その4:手術~アフターケア)・身体の中からキレイになりまっしょ♪

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 -------- by ラブ Top▲

受診からアフターケアまでの流れ(その4:手術~アフターケア)


大まかな流れは「問診」「検査」「適正診断」「インフォームド・コンセント」「手術」「アフターケア」となります。

 手術は片目わずか10分~15分程度。点眼麻酔の後、緑色の点を見つめているだけで終了します。手術後の痛みもなく、手術の工程が見えることもありません。手術後は30分ほど休憩すれば歩いて帰ることができます。

 手術後のアフターケアはきちんとしなければいけません。ほとんどの眼科では翌日、一週間後、一ヶ月後…と、手術後1年間ぐらいの診察を行っています。これも手術前にしっかりと確認しておきましょう。

 以上が「レーシック手術」の大まかな流れです。眼科により、多少の違い(時間や言い回し)はあるかもしれませんが、大きな違いはないと思います。もし、過程が少ない(検査が少ない、インフォームドコンセントをやらない)等の気になるような大きな違いがある場合には、無茶をせずに医者を変えましょう。

 眼は一生涯に影響するものです。面倒くさがらず、しっかりと事前に調べて、信頼できる医師にかかるようにしましょう!
スポンサーサイト

レーシック・コンタクトレンズ 2007-01-26 by ラブ Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。