血液型占いの信憑性・身体の中からキレイになりまっしょ♪

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 -------- by ラブ Top▲

血液型占いの信憑性


「血液型占い」

あなたは信じますか?

相性占いなどでよく使われる「血液型」ですが、実際どれくらい当たっているのか気になりますよね!?
いくつかのテーマで統計を取って、科学的な分析を行ったところ、気になる結果が出ていました。



こちらの記事によると…

「血液型と抵抗力」
あらゆる生命体は遺伝子を運ぶための「乗り物」であり、遺伝子が生き残っていくためにその生命体を環境の変化に適応させていく(≒進化)、というのは生物学の定説だ。

血液型の違いが存在するのも、病原体等の外的から身を守り、ヒトが種を繁栄させていくためのリスクマネジメントとしてバリエーションを有している

O型が総理大臣になる割合が高いなど、よく血液型による職業分けがされていますが、統計結果からではなくて「遺伝子」側から分析すると、それなりの根拠が見られるんだそうな。

特に相対するのが「A型」と「O型」。
O型は病気になりにくく、A型は病気になりやすいんだって。
O型は伝染病に強く、A型はものすごく弱いらしい。
また、ガンもA型に多くみられるらしい。
全体的にみて「O型は長生きの傾向がある」とのこと。

この「病気に強い」ということから、伝染病が流行する度に、O型はそれほど病気を恐れずに行動をし、A型は逆に行動が慎重になり、それが「社交的なO型」など、血液型による性格を形成した一つの要因なんだそうな。

このような分析をいくつも行った結果、適した職業というのが割り出され、また、これらの分析結果は職業だけではなく、相性にも通用するということ。

朝のワイドショーでやってる「今日の占い」なんかでは、このような分析は用いられていないので、そこらへんは気分的なものとして、軽く流してよろしいかと思いますが、仕事・プライベート様々な場面での「採用」や「パートナー選び」には、血液型というのはまったく無視できる要素ではないようです。

健康面はもちろん、ストレスにつながる対人面での「血液型」の影響度というのは、意外と大きいようです。

「血液型なんて気休め…」とは言ってられないのかもしれませんね。

ちなみに日本人は「A・O・B・AB」の割合が「4:3:2:1」だそうです。
スポンサーサイト





美容・健康・ダイエット 2010-02-19 by ラブ Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。