イントラレーシック・身体の中からキレイになりまっしょ♪

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 -------- by ラブ Top▲

イントラレーシック


 レーシックと最新技術を組み合わせることで、さらに効果を高めることが可能になります。

 イントラレーシックは、角膜の形状が合わないために通常のレーシックが受けられない人でも手術可能です。



「イントラレーシック」

 角膜にフラップ(フタ)を作成する時に、通常のレーシックでは「ステンレス製マイクロケラトーム」を使用しますが、イントラレーシックではその代わりに高精度な医療用レーザーを使用するレーシックです。レーザーを使用することで、手術の安全性と精度がさらに高まります。

 イントラレーシックはフラップ作成における全ての手順をコンピューター制御で行うため、フラップの厚みや大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置・長さなどの自由な設定が可能です。

 角膜の形状などの関係で、従来のマイクロケラトームを使用するレーシックではフラップの作成ができない人もイントラレーシックなら手術できる場合があります。

【イントラレーシックのメリット】
 ・フラップに関する機械的なトラブルの心配がない。
 ・矯正精度の向上が期待できる。
 ・角膜の形状が極端な方にも安全なレーシックが可能。

 マイクロケラロームを使用する通常のレーシックよりも安全で、適応できる人が多いのがイントラレーシックです。通常のレーシック手術が受けられない人は、イントラレーシック手術を検討してみると良いかと思われます。イントラレーシック手術を行っている医院
に相談してみてください。

情報提供:神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター大阪院
スポンサーサイト





レーシック・コンタクトレンズ 2010-01-27 by ラブ Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。