ラセック・身体の中からキレイになりまっしょ♪

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 -------- by ラブ Top▲

ラセック


 ラセックはレーシック、エピレーシックと同じようにエキシマレーザーを照射して角膜の屈折を矯正する手術です。
 手術方法が違うだけで、特徴などはエピレーシックとほぼ同じです。最近ではラセックよりもエピレーシックを勧める医院が多いようです。



 ラセックはマイクロケラトーム、エピケラトームといった機器を使用しません。非常に薄いフラップを作るため、角膜の厚さを残すことができ、強度の矯正も可能です。

※エキシマレーザーを照射して屈折率を調整するためには、ある程度角膜の厚さが必要になります。通常のレーシックではフラップの厚さ分、角膜が薄くなるため、強度の矯正はできず、また、もともと角膜の薄い人の手術ができません。エピレーシック、ラセックはレーシックの限界を克服したものと考えていいでしょう。

 ラセックはエピレーシックと同じで、角膜の上皮に薄いフラップを作ります。角膜の上皮は新陳代謝で再生するため、手術時に作ったフラップは完全に消えて、フラップがずれるということがなくなります。そのため、激しいスポーツをする人でも可能な手術です。

【手術手順】
・点眼麻酔をします。
・アルコールで角膜の上皮を柔らかくします。
・柔らかくなった角膜の上皮を持ち上げてフラップを作ります。
・フラップをめくり、エキシマレーザーを照射して屈折率を調整します。
・フラップを元にもどし、保護用の専用コンタクトレンズを装着します。

 アフターケアはエピレーシックとほとんど同じです。ラセック、エピレーシックの選択はこちらが決めず、担当医師と相談して勧めてもらいましょう。

 ラセック(LASEK)とレーシック(LASIK)は単語が似ているため、混同している人がたまにいます。気をつけましょう。
スポンサーサイト





レーシック・コンタクトレンズ 2010-01-29 by ラブ Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。