キュートなメルセデス・ベンツ!?・身体の中からキレイになりまっしょ♪

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 -------- by ラブ Top▲

キュートなメルセデス・ベンツ!?


 1月12日~14日の3日間、幕張メッセで行われた東京オートサロンで女性から「キュート」と言われていた黒塗りメルセデスベンツがあった。主に欧州車の内装を手がけるis-MEが出展した1台。その黒塗りベンツは何と…

どんなん??
何がキュートなんだろ?



 その黒塗りベンツは、何とシートやドアパネルが淡いピンクの革張りで作られていた。
 ごてごてに飾り立てるのでなく、しっかりとさりげなく作りこんでいるからこそ、黒塗りベンツでも似合っていたのだと思う。カスタムというと、最近はド派手なインテリアが多い中、この路線もありだろう。ただ、50歳近いおじさんがこのクルマに乗るには気後れしてしまう。若い女性が優雅に乗るのにピッタリの1台だった。

本来is-MEは、メルセデスベンツやBMWなどの欧州車にさらなる高級感を求めたオーナーに愛されてきたショップ。色もグレーや深紅など大人が乗ってもしっくり来るものが多い。純正のシートにあきたメルセデスベンツやBMWオーナーは、一度検討してもいいかもしれない。

黒塗りボディーに淡いピンクのシートって、確かに合うかもね。
最近は若い人、特に女性もベンツに乗ってる人が多いから、こんなオシャレはありでない!?
インテリアには「違和感の中に感じる心地よさ」っていうのがある。
これって難しいんだけど、このカスタムはこの手法を取り入れてるって感じだよね。
統一感・規則性から少し外すテクニックは形や素材や色などなど、様々な要素からできるけど、そのうちのすべて、もしくは大部分を外してしまうと、それはセンスのかけらもなくなってしまう。
今回のベンツは形や素材ではなくて色を利用し、それを「常識」にかけて「違和感」を作りだしている所がスゴイよね。
この発想はぜひ、参考にしたいです。

引用元:ライブドアニュース
スポンサーサイト





気になること 2010-01-16 by ラブ Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。