開放感と解放感の違い☆☆・身体の中からキレイになりまっしょ♪

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 -------- by ラブ Top▲

開放感と解放感の違い☆☆


昨日~今日とフォロー始めてくれた方々、

ありがとうございます

これから、よろしくお願いしますっ


今朝から早起きする必要もなく、焦って家事をしなくてもよく、

なによりAM5時半までにお弁当を作らなくていい開放感!?解放感!?


気になったらすぐ調べるの私は・・・この場合の意味は解放感っぽいです

「解放」と「開放」

原則: 束縛や制限を取り除いて自由にする意は「解放」。門や戸を開け放して自由に出入りさせる意は「開放」。

用例: 「ストレスから解放される」「日常からの解放感」「人質を解放する」 「門戸を開放する」「暖房中のため開放厳禁」「開放的な性格」

「かいほう」には上記以外にも、「介抱」「解法」「快方」「会報」など、さまざまな同音異字がありますが、最も変換ミスをしやすいのが「解放」と「開放」です。どちらも自由になるという意味では同じですので、余計に迷いやすいのだと思いますが、「open(オープン)」の意であれば「開放」と覚えておくと判断がしやすくなります。「開放的な性格」も、よく「オープンな性格」と言ったりします。

ここで注目したいのが「解放感」です。この字を当てるのは、人が精神的に自由になる場合ですが、最近は住宅や店舗などの広々とした空間を表すときに、「開放感」という言葉を使用することがあります。実は辞典には載っていないのですが、「開放的」という言葉があるためか、目にしても違和感なく、言葉の意味がすんなりと理解できますので、特に問題がなければ使用してもいいでしょう。逆に、「解放感」しか辞典にないからといって、例えば「開放感のあるテラスで食事をする」を「解放感」に直してしまうと、意味が通じなくなってしまいます。

引用元:http://alphatxt.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-0cb4.html



普通に最初タイトルただの“おはようございます☆☆”だったのに、

めっちゃ話が逸れてしまったけど・・・

また1つ日本語の勉強になりました

まだ間違って使ってしまってる同音異字っていっぱいあるんだろうなぁ


ブログをやってるとこうゆう自分の為になることメリットになることが

起こるから面白いっ







スポンサーサイト

気になること 2011-12-29 by ラブ Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。