「家畜商」寺門ジモン、松阪牛の“ちはる”落札!195万円也☆・身体の中からキレイになりまっしょ♪

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 -------- by ラブ Top▲

「家畜商」寺門ジモン、松阪牛の“ちはる”落札!195万円也☆



ニュースになってることが、

面白かったので


「家畜商」寺門ジモン、松阪牛の“ちはる”落札!195万円也

 ダチョウ倶楽部の寺門ジモン(49)が牛などを取引するための「家畜商」の免許を取得し、昨年11月に牛肉では日本最高峰のブランド・松阪牛のセリに参加して牛1頭を競り落としていたことが13日、分かった。お笑いで活動する一方“食”への造詣が深く、グルメリポーターとしても活躍。特に牛肉へのこだわりが強く、「最高級を知れば、すべてがわかる」と、10年前から松阪牛のセリ市に顔を出して勉強を続けていた。

 牛肉好きが高じて!とはいえ、寺門が本物の牛1頭、しかも最高峰の松阪牛を手に入れた。昨年11月27日に三重県松阪市で開催された松阪牛のNo.1を決める最高峰のセリ市「第62回 松阪牛共進会」に参加。出品された50頭の中から「ちはる6の3」という704キロのメス牛を195万円で見事に落札。11年越しの夢の実現だった。

 食にこだわり、給料のほとんどを食べ物につぎ込んできた。中でも牛肉への造詣は深く、百貨店で自分の冠がついた牛肉イベントを開催するほど。勉強も続け、行き着いたのは「最高級の黒毛和牛を知れば、あらゆる牛がわかる」と、10年前から年1回開催のセリ市に顔を出してきた。

 それが「せっかく勉強したのだから」とセリへの参加を熱望。3年前にはセリで取引ができる免許「家畜商」を取得した。ただ、松阪牛のセリ市は誰でも参加できるものではない。何年もセリの席に座って周囲に認められ、初めて参加が許される格式高いものだとか。寺門も最初は周囲から冷たい視線を浴びたが、10年通い続けた熱心な姿が認められたのだ。

 競り落とした瞬間には周囲から大きな拍手が送られたそうで「緊張して口の中が乾いた。お笑いでは味わえない」とニンマリ。平均250万~300万円で取引されるが、何とか軍資金の250万円以内で収まり、ホッとしたという。

 この日は、競り落とした牛を東京・白金高輪に23日に新規オープンする高級肉料理店「今福」を貸し切り、食通の仲間を集めてすきやきがメーンのコース料理で振る舞った。「好きなものが高じて!ですが、自然の流れです」。道を極めた充実感を漂わせた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120114-00000004-dal-ent



最近のダチョウ倶楽部はアメトークとかでも、

キャラクターをさらけ出されたことで

リアクション芸人から全員天然キャラみたいになって、

それがまたさらに面白いですぅ







スポンサーサイト

気になること 2012-01-14 by ラブ Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。